読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

周りの人たちと比べる

周りの人というか、

自分と親しい人が、メディアに出たり、会社を起こして、周りに認められたりするニュースが僕の環境では頻繁に飛び込んでくる。例えば、有識者と認められたエージェントに入ったりとか。

 

そのニュースをみて、いちいち、悔しいというか、やりきれない気持ちになる。

ああああああああ。と叫びたくなる。

 

自分はまだ何も成し遂げていないのだといつも思う。

 

だからといって、焦って起業をしようなどとは全く思わない。

 

僕は、社会にとって、本当に価値のあることをしたいと思うからだ。

 

それは半分、自分を落ち着かせるための逃げ道なのかもしれない。

いや、たぶんそうだ。

 

けれど、みんながそうしていろんなことで会社を起こしていくなかで、

その行動力にスゴイとは思うけど、

そのサービスになんの意味があるのかがわからない。

 

なんだか、皆起業することに必死で、

本当にやりたいことなのか?と思う。

 

だから、焦ってはいけない。けれど、焦る。

自分ができること、やりたいこと、やっていることを早く世の中に問いたい。

 

あせる。あせる。

でも、手段だけは間違えちゃいかんと、言い聞かせて。